ランドセル画像

ランドセル症候群にならないための対策3選を紹介!

落ち込む画像

最近では小学生の3人に1人が「ランドセル症候群」と診断され、申告な問題となっております。

ランドセル症候群とは、自分の体に見合わない重さの教材を長時間持ち歩くことで身体異常が起こり、通学が憂鬱になってしまう等、影響を及ぼすことです。

ランドセルの重さは平均して4キロほどあると言われており、小学校高学年ならまだ大丈夫だが、1-3年生であれば4キロを持って長時間登下校で歩くとなれば、体への負担も大きいでしょう。

「自分の息子には楽しく学校に行ってもらいたい!」と思う方がほとんどだと思います。

この記事ではランドセル症候群になりにくい方法を3つご紹介しますので、ぜひご覧ください。

「置き勉」して荷物を減らす

 

本画像

一番簡単ですぐに実行できる方法は「置き勉」でしょう。

2018年9月に文部科学省は置き勉を正式に認めるといった業務連絡を教育委員会に提出しております

しかし国は認めておりますが、学校によっては未だに置き勉を禁止している学校も多くあるのが事実です。

禁止されている学校ではこの方法は使えませんが、禁止されていないのであれば、宿題以外の教科書類は置いて帰ることでかなりの軽減となります。

置き勉はお金もかからずすぐに実践できる方法です。

「肩パッド」を使用する

2つ目の対策は市販の肩パッドを使用する方法です。

通常のランドセルにも肩ベルトにクッションが備わっておりますが、クッション性が少なかったり、使い古せば機能性は落ちます。

ランドセルの重みは直に肩へ負担がかかり、肩こりや腰痛の原因に繋がります。

肩パッドを設置しクッション性を加えることで、負担は大きく軽減し長時間利用だと特に効果を発揮します。

肩パッドは通気性を考慮したメッシュ加工のものもあり、夏でも快適に使用できます。

肩パッドにはジェル状の物もあり、一箇所にかかる肩の負担を均一化することができます。

念のため、ランドセルの正しい使い方も解説しておきます。

以外とこの部分がしっかりできておらず、肩に変な負荷がかかっているパターンも結構多いみたいです。

  1. 背負った際にランドセルの上部が肩のラインよりも上にくるように調整
  2. ランドセルと背中に隙間ができないようにする
  3. 姿勢を正す

ランドセルの使用をやめる

ストップ画像

3つ目の方法は少々大胆ですが、これも一つの手だと思います。

ランドセルはそもそも単体だけでも平均して1,100~1,300gあると言われております。

教科書を入れずともそれなりに重く、その分頑丈です。

最近ではランドセルに代わる「ラクサック」と言われる商品も出てきており、ランドセルよりも軽く、何より安いことで注目を集めております。

  • 低学年タイプ 9,900円(税込) 重量830g
  • 高学年タイプ 11,000円(税込) 重量880g

ランドセルだと安くても3万円台、高いものだと8万円を超えるブランドもありますので、いかにラクサックがお手頃かがわかると思います。

正直なところ「自分の息子にはみんなと一緒のランドセル背負わせてあげたい」と思う親も多いと思いますが、お子さんがランドセルの重さが原因でストレスを感じているようであれば、ぜひ一度検討してみてください。

ラクサックの公式ホームページでは1週間の無料貸し出しも行っているとのことなので、もし気になる方はぜひ下記よりご確認下さい。

一度借りてお子さんに見てもらうの一番早いと思います。※返送時の送料は自己負担となります。

ラクサックの公式ホームページを確認する

まとめ

今回はランドセル症候群にならないための対策を3選紹介させていただきました。

今では3人に1人がかかっているという症状なので、自分の息子・娘が心配だという方はぜひ今回の方法を検討してみてください!

ランドセル画像
最新情報をチェックしよう!

トレンドニュースの最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG